クラブ紹介 > 2009-2010年度 会長挨拶

所信表明

会長 石田 安宏
2009〜2010年度会長 石田 安宏

2009年〜2010年度の始まりにあたり、会員皆様に御挨拶申し上げます。

会長エレクトとして2008年〜2009年度、酉家年度の時を過ごしてまいりましたが、自身の無知を思い知った一年でございました。今までクラブで何をやっていたか本当に考えさせられる一年でしたが、皆様より良きアドバイスを頂き、2009年〜2010年度をスタートさせて頂きたいと思います。

さて、R.Iのケニー会長は「THE FUTURE OF ROTARY IS IN YOUR HANDS」「ロータリーの未来はあなたの手の中に」と2009年〜2010年度のテーマとする発表をしました。ロータリーが21世紀にもその意義を保っていく為には、人々に清潔な水をもたらし飢餓と闘い、識字教育を広める活動を続けていかねばならないと唱っています。また、各クラブに対してこれまで以上に自主的自律的活性化を促している。

村上ガバナーは例年以上に"例会の活性"の努力をしなくてはいけないと言明しています。

クラブの活性化は、例会の活性化を抜きにしては語れない。例会はロータリアンにとって「人生修繕の道場」とか「オアシス」と言われているが、今年度は村上ガバナーの提案されている災害に対するクラブの取り組み方の中で、和泉市役所の危機管理室より災害時の対策や和泉の地の状態、またその他、地震時の避難場所や緊急食品について等々盛りだくさんの卓話を5回位でお願いしております。また同時に『家庭の医学』と題して、緊急時の対応や家庭医療に関する卓話【@心配蘇生術 AAEDの使用方法 B感染予防 C外傷時の初期対応 D災害時の対応 E家庭医療】を和泉市民病院の救急看護認定看護師の高田 絵理氏にお願いしております。

村上ガバナーは地区テーマを「歴史に学び変革と進歩を」、地区キーワードは「縁づくり」としています。ガバナーの意向を踏まえ、クラブの独自性を発揮しながらクラブ細則をもう一度見直して勉強しなおしながら一年間を過ごしていきたいと思います。
  地区テーマ「歴史に学び変革と進歩を」
  地区キーワード「縁づくり」
につきましては、また会長の時間でも話をさせていただきます。

会員の皆様に御協力、御指導、御鞭撻を衷心よりお願い申し上げます。